蔵人

世界一統の酒造りを預かる杜氏をはじめ、蔵人について紹介いたします。

杜氏 武田博文
酒造りで心がけていること

自己主張の強い酒は私にはあまりむきません。かといって、平凡な酒を造りたいわけでもありません。
酒造りにおいては、杜氏の想いが最も反映されてくると思いますが、やはり、そこには蔵人全員の思いもこもっております。メーカーとして目指すべき方向性はありますが、それを踏まえた上での幹造りは杜氏が為すべきものです。そしてさらに、そこに蔵人の想いが枝葉として様々な個性が現れるものと考えております。
我々の醸したお酒がお客様に届くまでに携わって頂いている皆様…農家様、酒販店様、料飲店様、そして弊社社員。それぞれの思いが和のように繋がってお酒が生まれます。
今後も、この和の広がりを大切に、皆様がホッとできるお酒を造ってまいりたく存じます。